HOME

>

保健事業

>

健康サポートプログラム

健康サポートプログラム(特定保健指導)

健康サポートプログラムとは、当健保組合が「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき行う特定保健指導の対象者を、35歳以上に拡大し(法律では40歳以上)行うものです。費用は当健保組合が全額負担いたします。

毎年11月頃から順次、健康診断の結果から、少しの生活習慣の見直しで健診結果の改善が期待できる方を対象にご案内をお送りしています。お手元に届きましたら、是非ご参加ください。

対象者

任意継続加入者を除く、35歳以上の被保険者と被扶養配偶者で、健康診断の結果が以下の基準に当てはまった方。


メタボリックシンドロームの基準と健康サポートプログラム対象者の基準

メタボリックシンドロームの基準と健康サポートプログラム対象者の基準

健康サポートプログラムの流れ

  1. 参加申込み
    ご案内をEメールもしくはお手紙でご自宅へお送りいたします。
  2. 面談日の調整
    健保もしくは委託会社の相談員から連絡が入ります。
  3. 日程等調整後
    「初回面談受診票」をお送りします。面談当日に忘れずお持ちください。
  4. 初回面談(目標設定)
    あなたに合ったアドバイスを受けて、自分で目標を設定します(約30分)。
  5. 電話・メール(手紙)によるフォロー
    お電話・Eメール・お手紙等で支援の程度に応じて、月に1回もしくは、3か月に1回程度、進捗状況の確認と励まし、今後のアドバイスがあります。
  6. 6か月後の振り返り評価
    目標の結果を振り返りご自身で評価を行います。今後どうすればいいかも含めて総合的なアドバイスが受けられます。

 ご案内が届きましたら、内容をご確認いただき、必ず返信をお願いいたします。

特定健康診査等実施計画

ページトップへ