HOME

>

こんなとき、どうする?

>

保険外の療養を受けたとき

保険外の療養を受けたとき

高度な先進医療や特別なサービスを含んだ医療を受けた場合は、一定の条件を満たした「評価療養」・「選定療養」・「患者申出療養」であれば、それにかかる特別料金は自費で負担しますが、一般の医療と共通の部分は健康保険で受けられます。これを「保険外併用療養費」といいます。

評価療養

医学的な価値が定まっていない新しい治療法や新薬など、将来的に保険導入をするか評価される療養のことです。


  1. 高度先進医療
  2. 医薬品や医療機器の治験にかかる診療
  3. 保険適用前の承認医療機器の使用など

選定療養

特別な療養環境など、患者が自ら希望して選ぶ療養で、保険導入を前提としない療養のことです。


  1. 特別室への入院
  2. 200床以上の病院での初診・再診
  3. 予約診察・時間外診察
  4. 前歯部の材料差額、小児う蝕治療後の継続管理
  5. 180日を超える長期入院など

患者申出療養

患者が最先端の医療技術などを希望した場合に、申請により認められれば、安全性・有効性などを確認したうえで、保険外の診療と保険診療との併用ができる療養のことです。


ページトップへ